活用分野

活用事例

  • 雑草、害虫、病気、栄養不足などの検出。
  • 収穫量予測
  • 肥料や化学物質の使用量の削減
  • 疾患関連損失の削減

農業分野での活用は近年注目されている分野です。
農作物への光の反射や吸収を見る事で、生育状況や、病気、
害虫被害の発見などもいち早く発見することができます。
また、近年では農薬散布ドローンに搭載し、NDVIデータを確認しながら農薬散布まで行い、
農薬の過剰散布を防ぐ目的での使用などもございます。

  • 水分計測
  • 血管の抽出
  • 生体の窓を使った皮下の分析
  • 蛍光分析
  • 診断の自動化

皮膚の水分指標の測定や、保湿状態などの測定など
様々な美容分野での活用が研究されています。
また、医療分野においても、肌表面の測定など応用分野の研究がされております。

  • 検査:糖度、熟度、あざ、総固形分、水分、硬さ推定
  • 汚染物質の検出
  • 燃焼や煙、気化した気体の分析
  • 電子部品上の異物検出(微細な検査)
  • 油の検知
  • PCB、プラスチックの選別、ガラス、セラミックスの分類
化学組成の違いから生産ラインの自動化センサーに使われます。
例えば食品工場での異物検査として使用し、人員削減や異物除去率の向上を図るために
導入されている。

  • 地質・岩石の自動判別
  • コンクリートの検査

 

従来のカメラの数十倍のデータが取得できるためAIによる画像認識の可能性を飛躍的に高めます

  • 資源探査
  • 植生分析
ページ上部へ戻る