ハイパースペクトルカメラとは?

ハイパースペクトルカメラは、衛星技術から派生したもので、現在様々な産業分野に応用が行われています。
現在されに多くの分野に活用が期待される技術です。

ハイパースペクトルカメラとは?

ハイパースペクトルカメラは、光を非常に細かく分光することで、通常感知できないレベルで、物体の物質特性や状態を判定できるカメラです。

ハイパースペクトルカメラは撮影するとデータキューブ(ハイパースペクトルデータ)と呼ばれる特殊なイメージを生成します。
データキューブとは、x, y方向の二次元の平面イメージが、分光された波長ごとに層を成しているキューブ状のデータです。

これによって人間の目やカラーカメラよりも多くの情報が得られ、様々な分析・研究・産業用途に活用されています。

従来技術との違いは?

従来の手法では、RGBカメラや顕微鏡におけるマルチバンド(フィルター)撮影が存在します。

RGBカメラは3バンド、マルチバンドは多くて4〜16、それに対してハイパースペクトルカメラは100バンド以上の波長情報を取得出来る為、従来の製品と比べ、数十倍細かく波長情報が取得出来ます。

どういったデータが取れるのか

ハイパースペクトルカメラで得られるデータは「データキューブ」と言われます。
何十~何百もの各波長の強度を示すグレースケール画像が積層されています。

以下はデータキューブ(ハイパースペクトルデータ)の例です。
X、Yが画像の位置情報、λ(ラムダ)が波長情報を示しています。

ハイパースペクトルの優位性

1.従来のRGBカメラでは困難な色情報、物体の化学性質を分析したいとき
2.スペクトルの分布、位置情報を一度に取得したいとき

どういった分野で使われているか?

ハイパースペクトルが活躍している分野は工場・農業・メディカル・カラー管理・リモートセンシング等多岐に渡り、その目的も異物検査・品質管理・成分分析・環境調査等様々です。

ページ上部へ戻る